認知症予備軍かと思ったら予防と対策が大切!

認知症予防,対策,サプリ

50歳も間近のアラフィフと呼ばれる世代になって思うのは、身体の変化が顕著なこと。。

 

シワたるみ、などの肌の衰えはもちろん、これって更年期?って思うこともしばしば。・゚・(ノД`)・゚・。
疲れやすいとかの身体の変化だけでなく、頭の方もボケてきたのかと心配になることもあります。

 

一応OLとして働く主婦ですが、仕事をしてても取引先の人の名前を思い出せなかったり、帰りに買い物をしなきゃと思っててもすっかり何を買うのか忘れてたり、ヒドイ時は買い物することさえ忘れます( ̄ー ̄)

 

身体の変化の方は年のせいにできますが、頭の方はちょっとヤバイです。

 

このままボケが進んで認知症にでもなったら、旦那さんや子どもにも迷惑をかけてしまいますから。
なんて思ってる主人も認知症かと疑うことがあるので、夫婦揃ってボケ老人になるのはホント避けたい

 

認知症になった親を介護するのって、精神的にも肉体的にも本当に大変らしいし・・。

 

認知症について調べているうちに、ちょっとした頭の体操になってきてる気もするので、調べてみたことをまとめてみました!
最近物忘れ、うっかり忘れが多くなってきたなぁと思う方は、良ければ参考にしてみてください。

 

予防と対策は、早ければ早いほど良いそうですから。


認知症を予防するにはこんな方法がありました。

認知症を予防する食事や食べ物

野菜や魚、果物を中心にした食事にする方が良いとのこと。
魚は特に青魚が良くて、これにはDHAやEPAが含まれています。
そしてビタミンEを多く摂る食事が良いそうです。
その他には、ビタミンB、ビタミンC、βカロチン、カルシウム、亜鉛、鉄などのミネラル分も大事です。

 

>>認知症予防対策【食事】を詳しく

 

認知症を予防する体操や運動

とにかく身体活動が大事で、脳に刺激を与えることが一番だとのこと!
起きてから2時間以内に、太陽の光を30分でも浴びるのが良いそうです。
運動としては、簡単なものでOK。
散歩やジョギング、ラジオ体操やストレッチなど、脳に血流が届くような有酸素運動が有効です。
身体と頭を使うような脳トレも頭の体操になりますね。

 

>>認知症予防対策【体操】を詳しく

 

厚生労働省が推奨するサプリメント摂取

高血圧と血糖値を下げることが認知症の予防に効果的だそうです。
この2つは生活習慣病の代表!
血圧や血糖値を下げるには「DHA EPA」を摂取するのが良いとのこと。
厚生労働省はこの「DHA EPA」をサプリメントで1日に500mg補うことを推奨しています。

 

>>認知症予防対策【サプリメント】を詳しく

認知症予防対策は簡単なことから始める!

認知症って聞くと、なんだか大変な病気のように感じますね。

 

自分のボケとか認知症が気になりだすと、テレビや雑誌でも認知症に関しての特集が多くてビックリします。
厚生労働省でも2025年には認知症患者が5人に1人の割合になると試算しているそうで、国をあげて予防対策に力を入れているようです。

 

実際に症状が重くなっている方をお世話している方のご苦労を思うと、本当に大変なんだろうなぁと心から思います。
本人も記憶が無くなっていく恐怖や悲しみがあるでしょうが、周囲の人たちもその経過に寄り添うことって精神的にも肉体的にもツライことですよね。。

 

だからこそわずかでも自分にそんな認知症の気配を感じたなら、予防や対策をすることって大事ですよね!

 

とにかく迷惑はかけたくない・・

 

認知症になってしまったら、今の医学では完全に回復させることは不可能だそうです。

 

でも、予防をすることで認知症になりにくくすることは可能だとのこと!

 

対策は、自分ができる簡単なことからやっておく。

 

不安な気持ちでいるより、サプリを飲んだりするだけでも気持ちはずっと健康的でいられますよね!